細田佳央太の走り方は演技?独特すぎ?素?町田走りって?

細田佳央太さんの走り方が独特だと話題になっています。

映画『町田くんの世界』で見せた異常に遅すぎる全力疾走。

映画『子供はわかってあげない』では、本当に速く普通に走っているみたいです。

この細田佳央太さんの走り方はぜんぶ演技なのでしょうか?

あまりに気になったので、調べてみました。

細田佳央太さん
細田佳央太さん

映画『町田くんの世界』での『町田走り』は、演技?

細田佳央太さんが主演を務めた映画『町田くんの世界』の主人公、町田くんは、原作での設定も運動がぜんぜんできなくて、50メートル走のタイムが12.4秒なんだそうです。

細田佳央太さんはも、監督さんと話し合って、いかにして50メートルを12.4秒もかけて全力疾走するか、考えたんだそうです。

それで、『エネルギーを“前”じゃなくて“上”に持って行ったら、勢いは出るけど前には進まないよね』というアイデアを、監督さんから頂いて作り上げた走法なんだそうです。

映画『町田くんの世界』で『町田走り』をしている細田佳央太さん
映画『町田くんの世界』で『町田走り』をしている細田佳央太さん

『町田走り』、100パーセント、演技です。

演技で全力疾走して、50メートルを12.4秒で走っています。

細田佳央太、おそるべし。

『町田走り』が見られる映画『町田くんの世界』のメイキング映像。↓↓

池松壮亮、新人・細田佳央太の「顔が好き」衝撃の“町田走り”も 映画「町田くんの世界」メーキング映像

細田佳央太の本来の走りのタイムは?

細田佳央太さんの特技はバスケットボールで、もともとスポーツマンです。

本来の50メートル走のタイムは、中学3年生の時らしいですが、7.0秒ぐらいだったそうです。

普通にまあまあ速いほうですね。

出来る人が、出来ない演技は結構難しいんです。

この『町田くんの世界』でも、「俳優って体力勝負の仕事なんだなと改めて実感しました、」とおっしゃってました。

映画『子供はわかってあげない』で、全力疾走する細田佳央太さん
映画『子供はわかってあげない』で、全力疾走する細田佳央太さん

映画『子供はわかってあげない』で細田佳央太さんが演じているのは、書道部員の“もじくん”こと門司昭平役です。

上白石萌歌さん演じる水泳部の朔田美波が、「もしかしたら巨大な陰謀に巻き込まれてるのかも」と心配して走るシーンらしいです。

トレンディドラマみたいに全力疾走しています。

映画『子供はわかってあげない』本編映像ニュース_【#細田佳央太 が全力疾走!!トレンディドラマのようなワンシーンが公開!左官のこころは・・・突然に!?】㊗全国公開中㊗

ドラマ『もしイケ』での細田佳央太の走り方・歩き方は?

2022年1月から放送していたドラマ『もしイケ』での細田佳央太さんは、イケメンだらけの高校に紛れ込んだフツーの高校生、という設定だったので、走り方・歩き方にかぎらず、すべてのリアクションがコミカルでした。

すべて演技です。

完全に、池田龍馬として存在していました。

キャラ作らなければ、けっこうなイケメンだと思うのですが。

細田佳央太の次回のドラマ出演は?

細田佳央太さんは、2022年4月8日スタート 毎週金曜夜11:00~、tvkほかで放送されるドラマ、『ねこ物件』に出演予定です。

「猫に気に入られること」が入居の条件になっているシェアハウスを舞台にした、オーナーと同居人たちとの人間模様を描いているらしいです。

細田佳央太さんは、『ねこ物件』に入居希望者としてやって来た司法浪人生の立花修を演じます。

人付き合いが苦手なオーナー・二星優斗を古川雄輝さんが演じます。

楽しみにしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました