細田佳央太はドラマ『3年a組』に出てた?演技力ヤバいと注目!

細田佳央太さん 芸能
細田佳央太さん

俳優の細田佳央太さんが人気です。

演技力がヤバいと注目を集めています。

ドラマ『3年a組』にも、出ていたのではないか?と、話題になっています。

どうなのでしょうか。

気になったので、調べて見ました。

細田佳央太さん
細田佳央太さん

細田佳央太はドラマ『3年a組』には、出ていない

調べた結果、細田佳央太さんは、ドラマ『3年a組』には、出ていませんでした。

たぶん、顔立ちが似ている、萩原利久さんと勘違いされていると思います。

萩原利久さんは、『3年A組』で、生徒の逢沢博己役で出ていました。

櫻井翔さん主演の、『先に生まれただけの僕』には、出ていました。

細田 佳央太さんは、1年3組の中村慎介役、萩原利久さんは、2年3組の山田純平役でした。

学園ドラマがいっぱいあると、こんがらがっちゃいますね。

細田佳央太は演技力ヤバいと注目!

細田さんは、小学生の頃から、子役として、俳優活動をしています。

小学2年生のときにテレビを見ていて、自分も出たいと思い、お母様が事務所に履歴書を送ったことがきっかけで、デビューしたらしいです。

数多くのドラマや映画に出演し、経験を重ねて、映画『町田くんの世界』のオーディションで主役を射止めています。

ドラマ『ドラゴン桜』では、鈴鹿央士さんが演じた『藤井遼』役で、オーディションを受けたそうです。

オーディションでは、『藤井遼』の役を演じたあと、「今のを吃音で言ってみて、」と言われ、吃音の『藤井遼』のセリフを言ったら、『原健太』役で決まったんだそうです。

他の生徒役のみなさんとの顔合わせの時、スタッフの方から、「細田さんは演技力がスゴイ方で、」と、紹介されたらしく、鈴鹿央士さんが、「ボク、立場無いですよね。」と愚痴ってました。

細田佳央太と、鈴鹿央士は、実は結構仲良し!!

鈴鹿央士さん、じつは、映画『町田くんの世界』のオーディションを受けたんだそうです。

で、自分は落ちたけど、細田さんが受かって主役を演じているのを見て、「すごいなあ、」と、尊敬していたんだそうです。

ドラマ『ドラゴン桜』のオーディションで会ったときも、嬉しくて、お互いに目配せをしていたらしいです。

ドラマ『ドラゴン桜』では、細田佳央太さん演じる『原健太』が、他校からの受験生にいやがらせを受けているのを、鈴鹿央士さん演じる『藤井遼』が見過ごせずに助けに行きました。

その結果、『原健太』は東大に合格、右手を負傷した『藤井遼』は、文字が書けず東大に落ちる、という結果になりました。

でも、この一件もあり、すっかり仲良くなれた『藤井遼』と『原健太』をすごく自然に演じていましたね。

実際に、ドラマで共演して、仲良くなった、と語っていました。

コメント

  1. […] 細田佳央太と、ドラマ『3年a組』と、萩原利久についての情報はこちら⇒… […]

  2. […] 萩原利久と、ドラマ『3年a組』と、細田佳央太についての情報はこちら⇒… […]

タイトルとURLをコピーしました